治療

濃いシミができてしまった場合、シミ消し化粧品では取れないので美容皮膚科などでレーザー治療を施します。

また、レーザー治療をしたくない人には、医師が処方できる効果の高い塗り薬を使って治療をすることも可能です。

レーザー治療でシミ消し

レーザー光というのは黒い色素にだけ反応するという性質があります。その性質を利用してシミだけを取り除くのがレーザー治療です。

レーザーといっても人体に害がない程度の強さで行うので心配はいりません。

レーザーは波長の強さで皮膚の浅いところから、奥深くまで自由に照射することができるので、たいていのシミに効果があります。

気になるのは痛みがあるかどうかですが、塗り薬の麻酔などもあるので、必要に応じて使ってもらうといいでしょう。

レーザー治療後は赤みや炎症が出たりしますが、一過性のものでたいていは時間が経つとなくなります。

レーザー治療

老人性色素班を即座に治療する方法はレーザーによる処置になります。レーザーは色のついたメラニン色素の細胞にのみ反応し、破壊することでシミを取り除きます。

レーザーは害のないもので、波長を変えることで色の薄い浅いシミから皮膚の奥の濃いシミまで治療は可能です。医療行為になるので医師免許を持つ人が施術をしなければいけません。

レーザー治療後は患部に赤みが出たり、炎症を起こしたりすることがありますが一時的なもので、しばらくするとかさぶたになって治ります。まれにその炎症が新たなシミ(炎症後色素沈着)になることがありますが、塗り薬などで治療ができます。

レーザーでシミ消しをする場合の費用は約1cm四方のシミで1万円程度(目安)になります。通常は1度でシミ消しが完了しますが、状態によっては数回行う場合もあります。

光治療

レーザー治療とメカニズムは同じですが、こちらは広範囲にわたって光を照射するやり方です。照射面積が広くなることでたくさんのシミを同時に治療することができます。

広範囲に当てるためレーザーほど威力はない光を使用しなけらばならずシミ消しには時間がかかります。

徐々にシミ消しができるので、治療後に炎症やかたぶたができにくいのがメリットです。

シミ消しには時間がかかり、光治療の場合は5~10回くらい通わなければなりません。費用は目安ですが両頬で1回2万円くらいです。

▼▼デパコス美容液1本分の価格でシミが消せる▼▼

美容整形
湘南美容クリニック

・テレビCMでおなじみ
・全国76院展開
・いろんなシミに対応
・無料カウンセリング
10㎜以下8,100円から

公式サイトを見てみる
オススメ

塗り薬でシミ消し

シミ消しの塗り薬にはハイドロキノンという成分が配合されています。ハイドロキノンはメラニン色素の生成を抑えることができる成分で、さらにメラニン色素を作る細胞ごと減らすことができます。

アルブチンなどの美白成分より10~100倍も効果が高いとされていますが、それだけ強いパワーがあるので、副作用なども懸念されます。

市販品の場合は副作用が無いように安全な濃度4%程度までの製品が多いですが、美容皮膚科などの医師が処方できるものはさらに強力なものが使用できます。

その場合は肌に合わない場合があるので、医師の指導の下、ただしい容量、用法で使うことが大切です。

いずれにせよ、これらの治療は医師の管理が必要になってくるので、信頼のできる医師に相談しましょう。

外用薬:ハイドロキノン

シミ消し成分であるハイドロキノンは化粧品や塗り薬などに配合されています。ハイドロキノンはメラニンを作るメラノサイトとチロシナーゼ(酵素)を抑制する働きがあります。

そのためハイドロキノン塗布時は紫外線のバリア機能が落ちる(メラニン色素が作られないため)ので、紫外線対策はより強化する必要があります。また、ハイドロキノンは皮膚の漂白剤という異名があるほど強力なので、刺激が強く肌に合わない人もいます。

市販品に配合されているハイドロキノンは4%と低濃度ですが、美容皮膚科などで処方される薬などでは高濃度(5%~10%)のものもあり、いずれにせよパッチテストを行う必要があります。ハイドロキノンは長期間高濃度のものを使用すると白斑という副作用が出ることがあるので取り扱いには注意が必要です。

処方される塗り薬は1ヵ月分で3000円くらいで、2ヶ月以上継続することでシミ消しの効果を感じやすいということです。

外用薬:トレチノイン

シミ消しで処方される外用薬の一つでトレチノインというものもあります。トレチノインはターンオーバー機能を促進するビタミンA誘導体が配合されていて、ニキビやシワ、たるみなどの緩和にも使用されています。

ハイドロキノンとはアプローチ方法が異なるので、併用することも可能ですが、ともに刺激が強い成分なので肌への負担が大きくなる場合もあります。

酸化しやすいので開封後はだらだら使用せず早めに使い切るほうがいいでしょう。費用は1ヵ月分で5,000円くらいです。

 

詳しくは専門的な医療サイトでご確認ください。

シミ・そばかすのお悩みに<湘南美容外科クリニック>

シミ治療の内服薬

美容皮膚科などの病院でシミの治療をする場合には、内服薬のような身体の中から治療する方法もあります。

肌の外側からの治療であるレーザーや塗り薬と併用することで、効果が高まるというわけです。

ビタミンにはシミの原因になる活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

ビタミンc

ビタミンcというのはシミ消し化粧品などでもよく配合されていますが、内側からの効果も期待できます。

強い抗酸化力でメラニン色素を大量に作る命令を出してしまう活性酸素を抑える作用をしてくれます。

シナール配合錠などの内服薬などの配合されています。

ビタミンE

ビタミンEは特に新陳代謝を高める働きがあり、肌の自浄作用であるターンオーバーを活性化させてくれます。ターンオーバーが活性化するとシミになっている細胞を押し上げて、新しい細胞を作り出すので美肌効果があります。

トラネキサム酸

トラネキサム酸にはシミの原因になるメラニンを作らせる伝達情報を遮断する働きがあります。メラニンを抑制することができればシミはできにくくなります。

トラネキサム酸はもともと止血薬や抗炎症薬などに使用されていて、人工的に作られたアミノ酸の一種になります。

L-システイン

メラニン色素を作る酵素「チロシナーゼ」を抑制するのがL-システインです。

メラニン色素のシミの色を無くす効果もあり、新陳代謝を促進してターンオーバーを促す効果もあります。

 

詳しくは専門的な医療サイトでご確認ください。

自宅でシミ内服治療|コムロ美容外科クリニック