治療

濃いシミができてしまった場合、シミ消し化粧品では取れないので美容皮膚科などでレーザー治療を施します。

また、レーザー治療をしたくない人には、医師が処方できる効果の高い塗り薬を使って治療をすることも可能です。

レーザー治療でシミ消し

レーザー光というのは黒い色素にだけ反応するという性質があります。その性質を利用してシミだけを取り除くのがレーザー治療です。

レーザーといっても人体に害がない程度の強さで行うので心配はいりません。

レーザーは波長の強さで皮膚の浅いところから、奥深くまで自由に照射することができるので、たいていのシミに効果があります。

気になるのは痛みがあるかどうかですが、塗り薬の麻酔などもあるので、必要に応じて使ってもらうといいでしょう。

レーザー治療後は赤みや炎症が出たりしますが、一過性のものでたいていは時間が経つとなくなります。

塗り薬でシミ消し

シミ消しの塗り薬にはハイドロキノンという成分が配合されています。ハイドロキノンはメラニン色素の生成を抑えることができる成分で、さらにメラニン色素を作る細胞ごと減らすことができます。

アルブチンなどの美白成分より10~100倍も効果が高いとされていますが、それだけ強いパワーがあるので、副作用なども懸念されます。

市販品の場合は副作用が無いように安全な濃度4%程度までの製品が多いですが、美容皮膚科などの医師が処方できるものはさらに強力なものが使用できます。

その場合は肌に合わない場合があるので、医師の指導の下、ただしい容量、用法で使うことが大切です。

いずれにせよ、これらの治療は医師の管理が必要になってくるので、信頼のできる医師に相談しましょう。

 

自宅で対策ならシミ消し化粧品