内服薬

美容皮膚科などの病院でシミの治療をする場合には、内服薬のような身体の中から治療する方法もあります。

肌の外側からの治療であるレーザーや塗り薬と併用することで、効果が高まるというわけです。

ビタミンによる抗酸化力

ビタミンにはシミの原因になる活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

ビタミンc

ビタミンcというのはシミ消し化粧品などでもよく配合されていますが、内側からの効果も期待できます。

強い抗酸化力でメラニン色素を大量に作る命令を出してしまう活性酸素を抑える作用をしてくれます。

シナール配合錠などの内服薬などの配合されています。

ビタミンE

ビタミンEは特に新陳代謝を高める働きがあり、肌の自浄作用であるターンオーバーを活性化させてくれます。ターンオーバーが活性化するとシミになっている細胞を押し上げて、新しい細胞を作り出すので美肌効果があります。

トラネキサム酸

トラネキサム酸にはシミの原因になるメラニンを作らせる伝達情報を遮断する働きがあります。メラニンを抑制することができればシミはできにくくなります。

トラネキサム酸はもともと止血薬や抗炎症薬などに使用されていて、人工的に作られたアミノ酸の一種になります。

L-システイン

メラニン色素を作る酵素「チロシナーゼ」を抑制するのがL-システインです。

メラニン色素のシミの色を無くす効果もあり、新陳代謝を促進してターンオーバーを促す効果もあります。

 

外から改善はシミ消し化粧品