ファンデーション

シミは通常は即効消したり除去することはレーザー治療などの外科的療法でない限りは難しいでしょう。

通常は美白化粧品やシミ消し化粧品などで、じっくりとシミを薄くしていくという方法がとられます。

シミが薄くなってなくなるまでは、シミを隠すためにファンデーションでカバーするというのがいいでしょう。

パウダーファンデーションでシミをカバー

パウダーファンデーションには2種類のものがあり、乾燥したままスポンジで肌に伸ばすタイプと、水分を含んだスポンジでしっとりと滑らかに伸ばすというものです。

カバー力で言えば水分のあるパウダーファンデーションのほうが、塗り心地がよく、カバー力にも優れています。

クリームファンデーションでシミをカバー

粘度の高いクリームファンデーションはのびは良くないもののしっかりとシミをカバーできるので、シミ隠しには一番向いているといえます。

しかし、ファンデーションの中でも刺激がやや強いので、敏感肌の人にはあまり合わないという可能性もあるので、テストで使ってみて合うか合わないかを判断したほうがいいでしょう。

また、油分もけっこう多めなので、ニキビがあったり、皮脂分泌が多いオイリー肌のひとには不向きかもしれません。

リキッドファンデーションでシミをカバー

液状タイプのリキッドファンデーションは伸びがよくて使い易いファンデーションです。薄く塗りすぎるとシミをカバーできないので、コンシーラーなどをうまく使うといいでしょう。

リキッドファンデーションをのばすときには、顔の中心からスポンジや手などで、顔の外側に向けて伸ばしていくようにします。

ブラシを使うと艶のある肌になり、仕上げにスポンジを使用するとよくなじみます。

コンシーラーでピンポイントにシミをカバー

コンシーラーは筆ペンやチップタイプでピンポイントにシミを隠すことができます。ファンデーションで隠し切れないシミをピンポイントで隠せるので効果的です。

コンシーラーを使用する時のポイントは、隠した部分がむらにならないように、上に薄づきのパウダーファンデーションなどでなじませて、自然な仕上がりになるようにすることです。

 

カバーしながらシミ消し化粧品を試そう