シミ

医学的に分類すれば、シミは全部で6種類

中高年女性がお肌で悩むことと言えばシミやくすみなどですよね。

といってもシミにはいろんな種類があって、それにより治療法や効果的な対処法は異なってきます。

自分のシミがどれなのか見極められるように、大きく6種類のシミを紹介します。

よくあるシミは老人性色素班

一般的に頬にできるシミというのがこの老人性色素班ということになります。「老人」ってネーミングが嫌ですね。

最初は薄く出てくるのですが、時間が経つと濃くなったり大きくなったりしていくのが特徴です。

早い段階で対処すれば美白美容液などで改善することができます。

濃くなってしまったシミにはレーザーで治療するという方法が有効です。

目じりの下なら肝斑

老人性色素班と間違いやすいのがこの肝斑と言われるシミで、目尻の下あたりに出てくるシミです。

医学的に老人性色素班とは異なり、美白化粧品やレーザー治療なども効果が無かったり、難しかったりします。

肝斑に有効なのはトラネキサム酸を配合した薬を処方してもらって飲むのがいいということです。

いわゆるそばかす、雀卵斑

赤毛のアンなどでおなじみの「そばかす」もシミの一種です。頬に細かく点々としているのが特徴です。

遺伝によるものが多く若いときからあるのが特徴で、美白化粧品などをつかっても薄くなることはありますが完全にとるのは難しいでしょう。

メイクでほとんどの場合は隠せるので、そこまで気にしない人も多いですが、どうしても気になる場合はレーザー治療をすればいいと思います。

ただし、そばかすは遺伝的な要因が大きいため再発する可能性は高いです。

赤みが出たら炎症性色素沈着

ニキビのあとや虫刺されなど、赤みのあるシミは炎症性色素沈着と言われます。

基本的には時間の経過とともに自然に消えていくことが多いですが、気になる人はピーリングなどで消すことが可能です。

放っておくとイボになる脂漏性角化症

顔にぼっこりイボのようなシミができている人がいますが、これは老人性色素班(いわゆる普通のシミ)に皮脂が混ざって悪化したものです。

こうなると美白化粧品などはまったく効果がないので、レーザー治療しかありません。

海水浴に注意したい花弁状色素班

海水浴などに良くいく人に見られる肩から背中にかけて広範囲に点々とシミが広がっているのが花弁状色素班というシミです。

この場合はレーザー治療が効果的です。

普通のシミならシミ消し化粧品を試そう