女性

メラニンっていったい何?

メラニンの影響によりシミができてしまうというのは周知の事実だと思いますjが、そのメラニンというものがどのような働きをしているのかということを正確に知る人は少ないと思います。

メラニン色素は実はいいことをする物質で、生成されたメラニン色素は表皮角化細胞で供給され、皮膚の奥の真皮にとどまることで紫外線をブロックする役割を担っています。

紫外線というのは皮膚の奥に届いてしまうと、細胞を破壊したり核のDnaを改変したりと悪さをするのです。最悪皮膚がんなどを引き起こすほど有害なものとされています。

だから表皮の最下層にある基底層のメラノサイトがメラニン色素を生み出すのは自衛をしているということなのです。

 肌の色を決定づけるメラニン色素

メラニン色素とうのは「色素」という名がついているだけに色に影響を与えることはわかります。人間で言えば肌の色を決定しているのがメラニン色素なのです。

メラニンは大きく分けると2種類あって、黒い色をしたユーメラニンと、黄色から褐色を帯びたフェオメラニンというものに分けられます。

黒いユーメラニンが多いと黒人のような黒い肌になり、黄色のフェオメラニンが多いと白人のような白い肌になるということなんです。

ということは日本人であればちょうどその間の肌の色なので、ユーメラニンとフェオメラニンが両方が同じくらいあるということになります。

シミができる仕組み

メラニンが生成されて紫外線から肌を守ろうとしてくれるわけですが、メラニンが役目を終えると表皮のターンオーバー機能により、角質と一緒に体外に排出されます。要するにメラニンを押し出して新しい細胞を生成するということです。

シミというのはそのターンオーバー機能が低下したり、ターンオーバーでは排出できないくらいのメラニンが作られた場合に、色素が細胞に沈着してしまうことなのです。

過剰にメラニンが作られる理由としては、紫外線の刺激で角化細胞(ケラチノサイト)が異常をきたし、色素細胞がメラニンを大量に分泌するように命令します。

また、ホルモンバランスを崩すことによっても、ホルモンがメラニンを分泌させる命令を出してしまうことがあります。

まとめると、肌の色を決定しているメラニン色素が多量に作られる、またはターンオーバーでメラニンが排出されなくなる等の原因でメラニンが沈着してしまうことが皮膚の色を濃くしてシミになるということなんです。

最新のシミ消し化粧品をお得に試そう